Lenovo G465を選択した理由

2010年12月3日に「Lenovo G465 438292J」というノートパソコンをTSUKUMOで購入しました。

前の機種、15.6型液晶ノートパソコン「Lenovo ThinkPad SL510」は訳あって手放してしまったところに、必要十分なCPU(デュアルコアでセレロン並みに動く)を搭載したこのノートが実質約3万5千円で販売されていたので購入してみました。

15型ワイドノートでは2.5kg以上と重くて、やはり家の中での持ち運びを考えたノートは14ワイドまでという結論に達したというのもあります。

「Lenovo G465 438292J」のスペック

OS
Windows 7 Home Premium(64bit)
プロセッサ
Athlon X2 Dual-Core P340(2.2GHz,1MB)
チップセット
AMD RS880M+SB820M チップセット
ビデオチップ
ATI Mobile Radeon HD4270
ハードディスク
250GB
ディスプレイサイズ
14型 HD液晶(解像度 1366×768ドット,光沢あり,LEDバックライト付)
メモリ
1GB PC3-8500 DDR3 SDRAM(1GB x 1)
無線LAN
802.11 b/ g/ n
光学ドライブ
DVDスーパーマルチドライブ(DL対応)
バッテリ駆動時間(標準)
約3.46時間(6セルLi-Ionシステム・バッテリー)
最大消費電力
65W
本体サイズ(H×W×D)
340×231.8×17.2~34.4mm
重量
約2.2kg

14、15ワイド液晶サイズのノートパソコンは、最近までは安くて39,800円という感じでしたが、一段下がって5千円ほど安くなってます。

私が購入した価格は39,800円(税込)で送料無料、購入店のポイントが4,378pt付きでした。 (2010年12月9日には37,800円で4,158pt付きになりましたが・・・)

では、なぜこのモデルを選んだのか?

  • とにかく安い!ハイスペックを求めなければ満足できそう。
  • ビデオチップがATI Mobile Radeon HD4270なので多少マシ?
  • 家の中での持ち運びを考えた場合、14ワイドの重さ約2.2kgまでならOK!
  • CPUがAMD Athlon X2 Dual-Core P340(2.2GHz,1MB)なので、セレロンデュアルコア並みに動くと期待。

「Lenovo G465 438292J」のレビュー

Lenovo G465 Lenovo G465

左上の写真にあるパッケージが段ボール箱の中に入った形で梱包されて届きました。注文から発送まで非常に早かったです。

右上の写真は、箱を開けて中身を取り出したところ。この手のパソコンではよくある無駄のない構成です。本体の天板は、昔の東芝ビジネス向けノートのようにつや消しなんですが、プラスチックの厚みが薄い?正直言うと、ちょっと剛性が弱いように思います。

Lenovo G465 Lenovo G465

【キーボード】打ち心地はまあまあ良いです。ただ、気になるかもしれない点は、赤で囲った部分が通常のキーよりも小さくなっています。上のファンクションキーは別に構わないんですが、日本語入力の“。”(マル)などを入力する時に押し間違うかもしれません。

【液晶】については、安いパソコンであっても、全く問題ありません。光沢液晶で色鮮やかって感じがします。綺麗な液晶で満足できると思います。

マシンの性能&体感速度

CPUに関してですが、「Athlon X2 Dual-Core P340(2.2GHz,1MB)」は、前回まで使用していたノートPCに搭載されていた「Celeron Dual-Core T3000 1.8GHz(1MB)」とほぼ同じ性能です。

ただ、使用してみてかなり遅いのは確か。厳密に言うと、購入時の標準搭載メモリが1GBと少なすぎるのでブラウザを開くだけで何秒も待たされます。

【Windows エクスペリエンス インデックス】
Lenovo G465 Lenovo G465

《左上の写真》購入初期の状態でのスコアは・・・
プロセッサ:5.2
メモリ:3.9
グラフィックス:3.6
ゲーム用グラフィックス:5.1
プライマリハードディスク:5.8

《右上の写真》メモリを標準の1GBに4GBをプラスした場合は・・・
プロセッサ:5.3
メモリ:7.0
グラフィックス:4.1
ゲーム用グラフィックス:5.2
プライマリハードディスク:5.8

メモリを1GB→5GBにしたことで、のスコアが一気に3.9→7.0に跳ね上がりました。またそれに伴って、グラフィック関係のスコアもアップ!
(グラフィックメモリはBIOSから調整することはできません。自動です。)

メモリを増設することで、こんなに速さが変わるのかと実感!

前のノートパソコン「Lenovo ThinkPad SL510」の時にメモリ3GBでしたが、それよりも速くなったと判るぐらい。

まとめ

Lenovo G465

発売当初から安く設定されたパソコンであることが判るのは、メモリが1GBしか搭載されていないということに加え、
“本体のガワ”が少々頼りないということ。

右の写真のようにアクセスランプが全部ブルーで同じ色ということ。
(普通のノートPCでは、例えばバッテリー充電中だとオレンジ色でフル充電されるとグリーンに変わったりしますが、それが一切ありません。)

また、メモリースロットが安物デジカメと同じく、奥まで差し込んでキチンと入ったと判る作りです。今まで使用してきたノートPCではメモリカードを押し込む時にバネの抵抗があって、キチッと入ればカチッと感がありましたが、それがありません。
すみません。これは誤りで、このパソコンのメモリースロットもバネの抵抗があって、カチッと入ります。思っていたよりバネの抵抗が強かったので気付きませんでした。訂正します。

今回は辛口レビューになりましたが、このような欠点さえ納得できれば全く問題ないということです。私自身の感想としては、メモリを増設しても4万円までで、こんな性能のパソコンが買えて満足しています。

本体価格3万5千円ぐらいならコストパフォーマンス抜群ではないでしょうか?

楽天でLenovo G465を検索

2010.12.23