いままで長きにわたって住んでいた、我が町大阪・泉州地方「泉大津市」

その中で、ココに来たらぜひ!という名物をご紹介するとすれば、
泉州名物「くるみ餅」です!

その “くるみ” という文字と餡の色からナッツのクルミが原料だと子供の頃は思っていましたが、実は原材料は大豆。

柔らかいお餅に大豆の餡をくるんでいるので「くるみ餅」といいます。

私は、それほど和菓子は好きではありません。

粒あんはどちらかというと苦手で、こし餡ならOKという人が時々いますが、私もその一人。

ただ、三重県に旅行に行った時のお土産として有名な伊勢名物「赤福餅」や「御福餅」は大好物です。

この「くるみ餅」は、その「赤福餅・御福餅」と非常に似た感じの和菓子です。

大きな違いは原材料の小豆大豆か。
この餡の原材料で味や舌触りも変わります。

大豆を使った「くるみ餅」の方がもっと滑らかで美味しい!

そんな「くるみ餅」を販売しているお店を3つだけご紹介します。

きさらぎ堂

泉州名物「くるみ餅」

私が一番好きな「くるみ餅」を販売しているお店。

柔らかいお餅に滑らかで甘い餡。

お口の中で溶けるような、飲み込みたくなる食感がたまりません。

お餅は大きめです。

ぽんぽんや

ぽんぽんやのくるみ餅のパッケージ ぽんぽんやのくるみ餅の中身

きさらぎ堂の「くるみ餅」とよく似ていますが、大きな違いがあります。

ここのお餅は少し小ぶりのが2種類入っています。普通の白いお餅とヨモギ餅。

そしてここのお餅は他とは違い、塩味がきいています。

かん袋

かん袋のくるみ餅のパッケージ

かん袋のくるみ餅の中身

くるみ餅で一番有名なお店が、堺市にある阪堺線(チンチン電車)沿いのお店「かん袋

ここの餡は写真を見ての通り、 うぐいす色 です。

餡の味は、他のお店と比べるとあっさりしています。 お餅は小ぶりの丸いお餅(他よりやや固め?)です。

直接現地で食べることのできるお店で、かき氷と一緒食べる氷くるみ餅が大人気!

いつもお店は混雑しています。

もし「かんぶくろ」に行かれるなら、ぜひ食べていただきたいのが『氷くるみ餅2人前(ダブル)720円』

妻が言うには “病みつきになる” そうです。(私は大阪にいる間に一度も食べる機会がありませんでしたが)

生菓子ですので、遠方へのお土産という訳にはいきませんが、その日限りでいただける方はぜひ!