我が家は去年の引っ越しを機に、SoftBankBB回線を使った「ネクシィーズBB」というADSLに加入していました。 基地局からは1~2kmの間で速ければ12MBでつながっていたんです。

それから1年後、価格.comのキャンペーンでキャッシュバックをもらったことと、その後はかなり値上げされるので、解約して次のネット回線を探すことになりました。

当初の予定では一番安定していて安く済むADSLを乗り換えるつもりだったんですが、なんせ田舎なもんで“イーアクセスのADSL回線”が来ていなかったことが判明!

これで解約後のネット回線の予定が狂いました。

仕方がないのでADSL以外の方法を探したんですが、我が家のアパートは光回線やケーブルテレビの加入ができません。

選択肢は以下の2つ。

  • WiMAX(2+ではないノーリミットモード)
  • フリーSIMのLTE無制限

ほぼWimaxで決定していて後はRaCouponの通信サービスにあるプランから、条件が良いタイミングを待っていました。

5月いっぱいでADSLの契約が切れるので、ギリギリまで粘っていると2chの書き込みなどでWiMAXも速度規制が始まる!という気になる書き込みが増えてきたんです。 案の定、6月に入る頃には大量のデータ通信をするとギガ放題でも実際に制限されたようです。

これは、副回線の方ならそれほど気にする内容ではないかもしれませんが、家庭用の固定回線として使う場合は絶対に規制されて使い物にならないということを意味します。 引っ越し前まで使っていた旧WiMAXはそれなりに気に入っていたんですがねぇ・・・

という訳で、フリーSIM対応ルータを購入してLTE無制限を使うしか方法がなくなりました。
LG L-01G
それで購入したのがNTTドコモが販売している「LG製 Wi-Fi STATION L-01G」 ヤフオクでの新品販売価格が安めでバッテリーの保ちが良かったので。

LTE無制限のフリーSIMは現時点では以下の3つ。

U-mobile
気になるレビュー記事を読みまくって、あまり情報がなかった“U-mobile”が値段的にも中間で混み具合は少しはマシか!?という安易な考えで加入してみました。

ん~速い時と遅い時の差が激しすぎます。 そして一番の失敗、見落としは速度制限があったこと。

Q. 速度の制限はありますか?

A. 各プランの容量上限を超えた場合、速度を128kbpsに制限をさせていただきます。
その他の場合でも、ネットワークの状況とご利用状況を勘案し、他のお客様のご利用に影響が出た場合は、一時的に制限をかけさせていただく場合がございます。
制限の内容は一律ではございません、また閾値は公開しておりません。
また、回線が混み合った場合、全てのお客様へ等しく制限をかけさせていただく場合もございます。

どうなったらという具体的な数字が書かれている訳ではありませんが、他の通信業者同様、動画を見続けると必ず規制されます。
しかも0.05Mbpsという見たこともないような超激遅に!

これが体感的にどのようなものかというと、メールソフトで2、3通なら辛うじてダウンロード出来るが10通以上になると待たされた挙げ句にダウンロードエラーになります。 Webサイトもほぼ見られません。

2,3日何もしなければ元に戻してくれますが、これなら最高速度3Mbpsに落としても、一番評判の良かった“ぷららモバイルLTE”に加入してみることにしました。
ぷららモバイルLTE

この2つのSIMがどの程度違うのかを見てみましょう。
計測は平日。 Google PlayのAndroidアプリ「Speedtest.net」を使用。


【午前7時頃】U-mobile 下り:26.22Mbps


【午前7時頃】ぷららモバイルLTE 下り:1.44Mbps


【午後1時頃】U-mobile 下り:1.51Mbps


【午後1時頃】ぷららモバイルLTE 下り:2.32Mbps


【午後5時頃】U-mobile 下り:1.48Mbps


【午後5時頃】ぷららモバイルLTE 下り:1.20Mbps


【午後8時半頃】U-mobile 下り:0.71Mbps


【午後8時半頃】ぷららモバイルLTE 下り:0.46Mbps


【午後11時頃】U-mobile 下り:1.01Mbps


【午後11時頃】ぷららモバイルLTE 下り:0.37Mbps


【午前1時頃】U-mobile 下り:35.64Mbps


【午前1時頃】ぷららモバイルLTE 下り:0.65Mbps

(ちなみに、どちらのSIMも土・日・祝日は全体的にさらに速度が落ちます・・・)

U-mobileは深夜午前1時~午前7時ぐらいまでは、なかなかの速さになりました。 ただ、お昼休みや夕方以降は1Mbps台で他のSIMとどんぐりの背比べになります。

一方、ぷららモバイルLTEは、基本的には1~2Mbps台ですが、午後8時~深夜午前1時までは1Mbpsを切っています。この日がたまた遅かったのかもしれませんが、それでも“3Mbpsあたりを安定して供給するのでYoutubeで動画は見られる”という淡い期待を抱いてはいけません。残念ながら途中で止まります。 それでも一時停止してしばらく読み込みさせれば見られるだけマシです。

つまりフリーSIMの現状は、“全く速度規制がない”というアドバンテージがあるだけで評価される状態なんです。(苦笑)

恐らく今後は、全く規制がなく安定して5Mbpsぐらい出せるSIMが登場すればみんなそっちに流れるでしょうね。 旧Wimaxの時代の方が良かったというのは、技術が進んだ今となっては皮肉な話です。