格安スマホを買うよりUQモバイルにした理由

「大手キャリアから格安スマホに乗り換えたほうが絶対に得!」とは分かっていても、

“あれこれ調べて考えるのが面倒!”

そう思われている方も多いのではないでしょうか?

具体的にハードルが高いと感じる理由は以下の点。

  • まず自分に合ったSIMフリースマホ本体をどれにするのか決めて手に入れる
  • 数ある会社からどこの格安SIMにするのかを決める
  • 現在使用中の携帯会社から他社へ変更するためのMNP(ナンバーポータビリティ)手続き
  • 新しく購入した格安スマホの設定

そもそも格安SIMの品質が心配というのもありますしね。

結局、これまで通り大手キャリアを使い続ける、または別の大手キャリアに乗り換えるだけなら、それほど悩む必要はありません。

2年縛りのタイミングで家電量販店に行って、その時キャンペーンでお得に感じるキャリアとスマホを選べばいいだけですからね。

固定回線をフリーSIMのLTE無制限プランに置き換えるとこうなるでも書いたように、混線する時間帯に通信速度が落ちるようなSIMを選んでしまうと、後悔してしまいます。

そこで私がオススメしたいのは、「Y!mobile」(ワイモバイル)と「UQ mobile」(UQモバイル)のサブブランドです。

時間帯で通信速度が落ちると感じることはありませんし、2年縛りにはなりますが本体実質タダで手に入る月々の使用料金が安い、うまく探せばキャッシュバックや事務手数料無料もありますよ!

ということで、この2大サブキャリアの比較とオススメポイントをご紹介します。

「ワイモバイル」VS「UQモバイル」どちらが得?

ハッキリ言って大差はありませんが、微妙な違いを理解すると、自分はどちらが合っているか見極めることができると思います。

料金体制は以下の通り。基本的には同じですね。

「ワイモバイル」の料金プラン

「ワイモバイル」の料金プラン

「UQモバイル」の料金プラン

「UQモバイル」の料金プラン

一番安いプランSの場合、どちらも1年間は月々1,980円(2人目以降の家族割りなら月々1480円)になります。

2年目からの1年間は1,000円アップの月々2,980円になっちゃいます。

単純計算ですが、2年間で支払う金額を24ヶ月で割ると月平均は2,480円です。

これは高いのか安いのかということですが、

これら2大サブキャリアのメリットとして “無料通話が付いてくる” ことを見過ごしてはなりません!

無料通話内容は以下の通り

ワイモバイル UQモバイル
国内通話1回10分以内なら何度でも無料 おしゃべりプラン:何度でも5分かけ放題

ぴったりプラン:1か月60分無料
(プランMは120分、プランLは180分)

かけ放題プランならワイモバイルに軍配は上がりますが、UQモバイルは2タイプから選べるのも魅力。

ワイモバイルのメリット

  • Y!mobileオンラインストア限定タイムセールなら機種代一括1円、最大99%OFFで購入可能。(ただし、プランMかLの契約のみ)
  • 契約期間中は無料でYahoo!プレミアム会員になれる。(以前Yahoo!プレミアム会員だった方には時々「今なら数ヵ月間無料で復活できますよ」キャンペーンの案内がくるのでそれほど意味はないかもです)
  • 固定通信サービス(SoftBank Air / SoftBank 光)とセットで使うと毎月500円~1,000円毎月ずーっと割引になる。※ 「家族割引サービス」との併用はできません。
  • 期間固定Tポイントが最大15,000ポイントもらえる(スマホプランSの場合は10,000ポイントプレゼントとなります。)

あとは、家電量販店でタイミングが良ければキャンペーンやってますね。

UQモバイルのメリット

  • ワイモバイルよりも機種が豊富で比較的新しい機種が安い。
  • 「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」を月単位で無料で変更できる。
  • ネット代理店経由で申し込めば最大13,000円キャッシュバック!(プランSの場合は現金11,000円キャッシュバックになります。)事務手数料無料!
  • 低速通信モードが他社200Kbpsに比べ300Kbps!

UQモバイルを選んだ理由

前述したようにワイモバイルとUQモバイルにそれほど差はありませんが、一番の決め手は欲しい機種があったから。

もう一つは節約モード(低速通信モード)に切り替えても速度が300Kbpsと若干早いだけでもその恩恵は大きいのでは!?と考えたからです。

まず欲しかった機種ですが、この2年間はガラケーとタブレットの2台持ちという不便なスタイルを我慢し続けて一番感じたことですが、やはりカメラの性能が良いスマホが欲しい!ということ。

特に私のようにサイト運営している者としては、出かけた先でちょっと写真を撮りたい場面って結構あるんですよね。

コンパクトデジカメをいつも持ち歩くかと言ったら持ち歩かない。

携帯のカメラじゃ役に立たない・・・となるワケです。

しかも最近のスマホのカメラの性能は、もうわざわざデジカメなんて持ち歩かなくてもいいんじゃねぇ?ってレベルです。

去年2017年で評判の良かったアンドロイドスマホを調べた結果、「HUAWEI P10 lite」が第一候補になりました。

UQモバイルを契約するなら絶対にネットのUQモバイル代理店!

イオンやアリオなどの大型ショッピングモールに入っている家電量販店を調査しまくり、UQモバイル取扱店で「UQモバイルのスタッフ」に直接話を聞いてきましたが、実店舗では大したキャンペーンはありません。良くてその家電量販店のポイントやギフトカード2・3千円分って感じでした。

しかも事務手数料3240円(税込)はかかります。

ではネットからの申し込みはどうなのか?

こちらがUQモバイル公式サイトです。

SIMのみ購入でも商品券3,000円はあるものの、15日間無料で試せる、3姉妹グッズといった特典だけのようです。

しかし、一見同じように見えるUQモバイル正規代理店は特典が全然違います!
Link LifeさんがやっているUQモバイル申し込みサイトがこちら→

一番安いプランSでも11,000円、課金開始月の翌々月末に現金キャッシュバックがあります。

また、対象スマホ&プランMまたはLでの申し込みで初期費用(送料・SIM代金・代引手数料)無料!

節約するなら、最初だけプランMで申し込んでおいて翌月からプランSになるように変更しておくことをオススメします。(プラン変更は翌月適用)

そして私が購入した「HUAWEI P10 lite」
2017年11月の時点では月額+500円の機種だったので実質タダではなかったんですが、2018年に入ってからは端末代金月額0円に仲間入りしています!

どうしても欲しかった機種なので後悔はしていませんが、こういうのって悲しいかなタイミングなんですよねぇ~

UQモバイルでHUAWEI P10 liteを使ってみた感想

まず「HUAWEI P10 lite」を購入するにあたって、本体が届くまでに評判の良い液晶保護フィルムとカバーを調べて用意しました。

これです↓

ポケットに突っ込む&薄型で綺麗なデザインを活かすには、クリアタイプのTPUケースがいいと思いました。

下手にブックカバータイプを買うと厚みだけでなく、落とした時に壊れる確率も高いというのもあります。

そして購入したG-Colorの液晶保護フィルムですが、
G-Colorの液晶保護フィルム
液晶保護フィルムが3枚も付いている上に、液晶画面に綺麗に貼れる工夫やアルコール綿などのオプションも付属していて使いやすかったです。

私は1回で綺麗に貼れましたので、残りはフィルムが傷んだ時用に保管です。

UQモバイルSIM
そして届いたSIMがコレ。 私が失敗したのは、こうやったらできるだろうと説明書をよく読まないで先にSIMを取り付けたこと。

実は電源を入れて、いろいろ設定が終わった後に、SIMを手順に従って本体に差し込んで、「設定」→「デュアルSIM管理」からSIMをオンしないと回線が使えません。先にSIMを入れると認識しなかったか何かで手こずってしまいました。

そして肝心の「HUAWEI P10 lite」本体について。
「HUAWEI P10 lite」表面「HUAWEI P10 lite」裏面

そして本体のレビューですが、もう何も書く必要がないぐらいいい!というかフル活用できないぐらい性能良いです。

肝心のカメラもプロモードがありますが、設定をいじって使いこなすより何も考えずに通常モードで撮ってます。(苦笑)

UQモバイルの節約モードと高速モードの使い心地を検証

今回注目していただきたいのが、UQモバイルを選んだ理由の一つである “通信速度”

検証したのは、平日のお昼休みでどの程度スマホが使えるのか?という点。

節約モードと高速モードを切り替えるのに、「UQ mobile ポータルアプリ」を入れておけばタップ一回で切り替えOK!
UQ mobile ポータルアプリの高速モードUQ mobile ポータルアプリの節約モード

まずはターボ機能を使った高速モード(通常設定のモードです)
UQモバイル高速モードのスピードテスト
そこそこ混むであろう時間帯で13MBps。

Web閲覧はもちろん、スマホアプリも不満なく動きます。◎

UQモバイル節約モードのスピードテスト
対して低速通信の節約モード。 約0.3Mbpsに規制された状態になります。

これが果たしてどの程度使えるかですよね?

Web閲覧は少しタイムラグがある時もありますが、基本的にはストレスなく出来ますし、メール受信も問題ありません。○

そしてスマホゲームやアプリ。

これはアプリによりますねぇ~△

基本的には使えるけど読み込みに少し時間がかかったり、データのやり取りが多いアプリはエラーになる場合もあります。

という訳で、節約モードはWeb閲覧程度であればOKとなります。

UQモバイルを使う上で注意すべきこと

データ増量キャンペーンは自分でチャージ(購入手続き)して追加しないといけなかった!ということ。

どういうことかと言いますと、私はてっきり翌月に入ったらデータ量が2GBに増えていると思っていたんです。

そしたら1GBしか増えていない・・・

手違いか何かでキャンペーン適用されていない!?とさえ思いました。

それで、この件に関して調べてみると、実はこのキャンペーン分は通常のデータチャージ手続きを自分でやって1,000円分キャッシュバックするというものだったんです。

実際には課金されないらしいのですが、チャージした時点でそのことがどこにも記載されないのでメチャクチャ不安になります。

ややこしい。実にややこしい。
UQモバイルのデータチャージ
しかも、先ほどご紹介した「UQ mobile ポータルアプリ」から簡単にチャージできるんですが、100MBを選択してしまうと500MBチャージの時点で1,000円になってしまいます。つまり500円分損をしてしまいます。

ですからチャージする際は必ず1回500MBか1GBを選択しましょう。

チャージした分の繰り越しは3ヶ月あります。これは長いほうらしいです。

まとめ

私の場合、家ではWi-Fi、外ではお昼休みに約30分程度Web閲覧&少しアプリを使ったりしています。

本当は3GBあれば安心なんですけど、2GBで契約しているので使い過ぎないよう意識してギリギリ2GBいくかいかないかという感じ。

でもこれは、高速モードのままでの話ですので、Web閲覧などの時に節約モードに切り替えて使えば、もっと余裕のあるネット通信ができそうですし、使い切ったとしてもネットが使えないことはないという安心感はあります。